以前は、目の前に問題が起きると、どっぷりと問題に浸り、

関係ないことにまで、イライラしたり、モヤモヤしたりしていました。

そんな時、この問題から学ぶべきことは何か?を問うようにしてみました。

『問題』と『問題と向き合っている自分』を離れたところから見る感じです。

そうすると、徐々にその『問題』から愛を感じられるようになってきます。

『問題』には様々なメッセージが込められていることが多いです。

今のあなたがもっと、成長できるチャンスです。

『問題』の中に、愛を感じられるようになると、感謝の念が沸き起こり、心の曇りが晴れてきます。

心の曇りが晴れてくると、問題は問題ではなくなり、ありがたい経験としてあなたの一部になり、

問題が大きければ、大きいほど、素敵な思い出にも変身するものです。

その問題が人間関係であるならば、まずは、その人の幸せを願いましょう。

あなたの幸せの扉は、あなたの苦手な人が幸せになることで、開かれていきます。

あなたとあなたの苦手な人が、光に包まれ、笑顔で過ごしていることを想像してみてください。

すっきりとした気分で想像することが出来るようになった頃、

あなたの幸せは、目の前にあります。