ちひろの癒やし研究所へようこそ!!

 

今日はお花の水切りとエネルギーの関係についてです。

 

 先日、頂いたバラの花が、くったりとしていました。

そんなに日にちも経っていないし、まだ、蕾も残っていてどうしたものかと思いましたが、

 

すぐに首もとから切って、水に浸けておきました

なんとか、バラの延命に成功しましたよ♪

 

切り花は、水を吸い上げる入口を綺麗に整え、水を充分に吸い上げられるようにすることで、

 

再び生き生きと復活してゆきます。

 

また、切り花をずっと明るいところへ置いておくと、

葉の裏の気孔が開きっぱなしになり、水分が蒸発し続け、すぐに枯れてしまいます。

 

人にも、チャクラと言って、体内と体外とのエネルギーを出し入れする、出入口が主に7つあります。

 

このチャクラは、CDのようにくるくる綺麗に回っているのですが、

 

この回りが悪かったり、出入口が開き過ぎたり、閉じすぎると人体に影響が出てきます。

 

なので、レイキヒーラーは、主にこのチャクラの動きや開き具合を整えてゆくのですね。

 

見えないエネルギーにしっかりと支えられ、活かされている私たち。

 

体のエネルギーバランスは、常に整えておきたいものですね♪